価値の高い硬券とは何か?またその高くなる理由について解説します!(満州鉄道・樺太鉄道・沖縄県営鉄道など)

こんにちは!
鉄道書店の石川です!

今回のブログでは、価値のある硬券やその理由について、少し探っていきたいと思います。

硬券の買取実績はこちら

硬券
買取価格:5,000円 硬券 普通入場券 乗車券 他
硬券
買取価格:4,900円 硬券 戦前 昭和10年代 他
硬券
買取価格:4,000円 硬券 軟券 記念入場券 普通急行券 B寝台券 他まとめ
硬券
買取価格:3,000円 硬券 入場券 特別急行券 列車寝台券 特急券 地図式乗車券 国鉄 北恵那鉄道 加越能鉄道 上田丸子電鉄 豊橋鉄道 他
硬券
買取価格:50円 切符 硬券 特別急行券 門司→大阪 つばめ 1号車 1等 赤3本線 鉄道
硬券
買取価格:100円 切符 硬券 RYOBI BUS 岡山駅前から後楽園駅前ゆき 15円 日本交通観光(株)発行

人気のある硬券とは?

硬券で超人気どころといえば、

満洲鉄道(あじあ号)

樺太鉄道

沖縄県営鉄道(沖縄軽便鉄道)

などです。

現存してなくて資料も少ない鉄道会社のモノは、一枚で数万単位の価値がついたりします。

余談ですが、硬券に付随して人気な駅弁の掛け紙も価値が高いです。

現在流通しているの駅弁の掛け紙も、300年くらい経てば価値があがるかもしれません。

他の意味で価値が高い硬券は…

珍しいスタンプが押してある硬券

通常発券されない乗継・臨時処置のモノ

販売された場所がレアな場合

などが挙げられます。

人気が高くなる傾向があるのは、現存しない路線や地方の鉄道会社の硬券です。

特に沖縄関係のモノは、第二次世界大戦で焼き尽くされてしまった関係もあり、切符や鉄道関係の資料があまり残っていないので非常にレアだったりします。

硬券についてのまとめ

硬券は、戦前(1945年の第二次世界大戦)というだけで高くなるケースもあります。

ですが、あくまでもそれは”地方に限って”、という印象を受けます。

地方の硬券は出回ることが少なく、反対に関東圏の硬券などは戦前のモノが結構残っているため、昭和初期だから良いと一概には言えないので奥が深いです。

ただし、大正や明治の、鉄道が開通した初期の乗車券があれば、とんでも無くすごい値段がつくかもしれません。

鉄道としての価値に加え、文化価値としても高く評価されます。

硬券から歴史背景を感じ取るのも、ロマンの一つかもしれませんね。

是非、お手持ちの硬券に書かれた年代や鉄道会社をご覧くださいませ。

硬券の買取は鉄道書店にお任せください!

鉄道書店では、硬券を積極買取しております!

簡単便利な宅配買取がおすすめです!

鉄道書店の「宅配買取」のおすすめポイント

●無料の宅配キットあり!
●弊社への配送料無料!
●ご指定口座へスピード入金!
●専門のスタッフによる丁寧な対応!

硬券のご売却でお悩みの方は、鉄道書店までお気軽にご相談ください!