記念切符の歴史や使い方とは?蒐集家を夢中にさせる魅力4つも紹介

明治時代にイギリスから入ってきた鉄道と入場・乗車券である切符。鉄道ファンには乗って楽しむ「乗り鉄」、写真を撮って楽しむ「撮り鉄」などさまざまいますが、切符を蒐集することが大好きなかたもたくさんいます。

切符の中でも、特別な機会に数量限定で発行されるのが記念切符。

ここでは記念切符の歴史や使われ方、蒐集してしまう魅力などを紹介します。

鉄道の記念切符には2種類ある

記念切符は路線や車両が新しく生まれたとき、または線路の廃止や車両が引退したとき、さらに元号の変更などを記念して作られます。

記念切符と呼ばれるものは、乗車券と入場券の2種類。基本は数量限定で、特定の時期・場所・イベントにおいてのみの発行であるため、特別な切符として人気です。

一般的な切符よりも派手なデザインでサイズや形が違うことが多く、中には音楽が流れてくるものや陶器で作られているものも。

パズル付きであったり銅板プレートがついてきたりとさまざまに工夫を凝らされています。

記念切符の歴史

日本で最初の鉄道切符が販売されたのは、1872年9月12日のことです。新橋から横浜間で鉄道が開行され、明治天皇を迎えての式典が行われました。

現在も一部で発行・使用されている硬券と呼ばれる切符に近くなったのは明治末期ですが、記念切符が発売され始めたのもこの頃からです。

記念切符の発行が盛んになったのは、戦後の昭和20年から40年代にかけて。この頃の記念切符は薄紙で作られた「軟券」と呼ばれるものが主流で、専用袋に短冊形の切符が複数入っているというものでした。

平成になると硬券と呼ばれる硬い紙の切符が好評で、特に平成天皇ご即位記念切符は評判が高く多くの人が並んで手に入れました。

他にも平成2年2月2日にスタートしたぞろ目数字記念切符やアニメとのコラボレーション記念切符も発行されており、即日完売するほどに人気です。

記念切符の使われ方

記念切符の使われ方は次の2つです。

  • コレクションする
  • 実際に乗車券として使う

記念切符の使われ方①コレクションする

記念切符は多くが特別な装丁をされていたり、台紙についていたりします。

大きな一枚の紙に絵や写真がのっていてそこに複数の切符がセットされていることもあり、その時代の雰囲気や様子が感じられるようになっているのです。

付属品も丸ごととっておき、並べて飾ったり取り出して見比べたりして楽しみます。

明治・大正時代の希少価値が高い切符などは、コレクターの間で高額取引されることも珍しくありません。

蒐集していくうちに資産価値が膨らんでいく喜びもあるでしょう。

記念切符の使われ方②実際に乗車券として使う

記念切符の中でも乗車券として使るものは、普通の乗車券と同じように使用できます。

普段とは違うデザインの切符を使うため、特別な気分で乗車が可能。

記念切符コレクターの中には、記念切符セットを同時に3つ購入してそれぞれ別の役割を持たせる人もいます。

1つは日焼けや湿気による劣化への対策をとって大事に仕舞い、1つは見えるところに飾って目を楽しませ、1つは実際に使って電車に乗るのです。

10月14日は鉄道の日

乗車券として使える記念切符の1つで有名なものに、鉄道の日の記念切符があります。

毎年10月14日に来る鉄道の日は、JRグループを筆頭に多数の鉄道事業者がイベントや企画を打ち出して祝う記念日。

そのときに発売される記念切符が、2012年から続く「特別企画乗車券」です。有効期限が設定されていて、秋の行楽に使える乗り放題パスとして利用できます。

ただし、乗車券や入場券として使えない記念切符もあるので注意が必要です。

たとえば、廃線が決定となった路線の業績をたたえ思い出を愛でるための記念切符などは乗車券としては使えません。

記念切符蒐集の魅力4つ

記念切符を蒐集することの魅力は、次の4つが考えられます。

  • デザインが豊富で見ていて楽しい
  • 歴史を感じられる
  • 世界に一つだけの切符である
  • 保管が容易で邪魔になりにくい

デザインが豊富で見ていて楽しい

記念切符を蒐集することの魅力の1つは、さまざまなデザインや形の切符たちで目を楽しませられること。

一般的な細長くて小さな切符の形以外にも、巻物風であったり動物やキャラクターの姿を模しているものであったりと、デザインが豊富です。

その地域特有の写真掲載や風景が描かれているものであれば、見ているだけで旅行気分も味わえるでしょう。

歴史を感じられる

今から100年以上も前、現在は存在しない鉄道路線や駅舎があり、そこを走っていた車両がありました。

すでにない地名や駅名を辞典で調べながら路線をたどってみてください。

かつてたくさんの人々を乗せて走っていた列車に思いをはせ歴史を感じるのも、記念切符ならではの魅力です。

世界に一つだけの切符である

切符には管理および偽造防止を目的としてシリアルナンバーが刻印されます。それは記念切符でも同じことで、発行数量が限られているだけに数字の並びが特別なものとなるのです。

記念切符は未使用品。持っているだけで世界に唯一の一枚です。

しかしもしも印字されたナンバーが誕生日や結婚記念日など個人的に大切な日と同じであれば、その価値はさらに高まるでしょう。

保管が容易で邪魔になりにくい

記念切符は蒐集したあとに保管しやすい形状であることも、コレクターにとっては魅力です。

基本的に記念切符は小さく薄い形状。中には木の箱に入ったものや形が複雑なものもありますが、多くは一枚の紙です。

そのため、大量に蒐集しても収納場所に困りにくく保管が容易で邪魔になりません。家族を困らせることなく省スペースで保管できるため、蒐集を継続しやすいでしょう。